忍者ブログ
何気ない日常のさりげない徒然ごと。
プロフィール
HN:
桜井実果
性別:
女性
職業:
役者
趣味:
鳥見・野球観戦
自己紹介:
桜井実果の気まぐれブログです。
ゆるゆるとやっています。気が向いた時に遊びに来ていただければ嬉しいです。
最新コメント
[03/13 NABEZO]
[01/28 mika]
[01/28 mika]
[01/28 mika]
[01/28 きんぴ~]
[01/28 ろぃ]
フリーエリア
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/02/11 (Wed)
先日行ってきたオーディションで久々にがっつりと
アドリブ芝居をさせていただきました。
夫婦役で、その場で知らない役者さんとペアになり、
シチュエーションだけいただいてそれに沿ってアドリブで
演技をするのですが、これがけっこう楽しいものなのです。

お芝居をされる方には「エチュード」といっておなじみの
レッスン(?)方法なのですが、これは芝居の原点を感じられる
ひとつの方法だなぁと思うのです。

台本があると、相手の台詞も自分の台詞も分かっていて、
そこで初めて相手の台詞を聞く、という芝居をしなければ
ならないのですが、
(というよりはそう感じなければならないのですが)
台本のないアドリブの芝居の場合、そこは何が出てくるか
分からないわけで、自然なリアクションが自分の中から
生まれるわけであります。

相手の芝居を受ける力、自分から状況を動かす力、
客観的に流れを作る力、総合的な力を必要とするのですが、
自分は相手から出てくるものを受けたり発展させるのが
好きなので、非常に楽しくやる事が出来ました。
初対面の方とやれたのも良かったのかも知れません。

長年こんな事ばかりやってきて、それなのに今だこういう瞬間が
楽しいのってやはり好きなんだなぁ、と苦々しい思いも含めて
感じた瞬間でした。
まったく本当に厄介な事を好きになってしまったもんです。
おしるこ
さて、同じオーディションだった河井どんとおしるこ食べました。
おしるこの先に河井どんのお腹が写っております。
おしるこはあったまりますね。
ほっとしました。
今年の冬はあと何回食べられるでしょうか。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
忍者ブログ * [PR]